受付時間

腱鞘炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 病院で「腱鞘炎」と診断された
  • 荷物を持つのが辛い
  • ずっと痛みをかばいながら家事をしている
  • 痛くて子供の抱っこができない
  • ずっとサポーターをしているのが不安

腱鞘炎の種類|織田接骨院・指圧院

ばね指(狭窄性腱鞘炎)

手や指をたくさん使った後、指の付け根が痛くなり、指が引っ掛かるように感じることはありませんか。

指は腱の働きによって曲げることができますが、その腱は指や手に数箇所ある腱鞘(けんしょう)というトンネルのような組織の中で動いています。

ばね指はその腱や腱鞘が炎症を起こして腫れ、通過障害を起こす疾患です。

指を伸ばすときに引っ掛かりながら、ばねのように勢いよく動くことからそう呼ばれています。

ドケルバン腱鞘炎

ドケルバン腱鞘炎は、親指を大きく広げると、手首に出る2本の腱と、手首の背にある腱鞘の間に摩擦が生じることによって発症する狭窄性腱鞘炎です。

親指を使い過ぎて負荷がかかり、腱鞘が分厚くなって、腱の表面に傷がついたりすることで炎症をおこします。

妊娠さんや出産後の女性が、ホルモンの変化がきっかけになって多く発症するほか、スポーツや仕事で手や指をよく使う人にも見られるのが特徴です。

近年はスマートフォンの長時間利用で発症する人も増えています。

織田接骨院・指圧院の施術方法|織田接骨院・指圧院

腱鞘炎は患部を安静にすることが大切ですが、日常生活や仕事でどうしても安静にできない利用者様のために、初検時に疼痛動作の確認、日常生活習慣をカウンセリングさせていただき、当院では痛みを和らげる電気機器や超音波、手技、テーピング、サポーター固定を使い、早期改善を目指していきます。

腱鞘炎でお悩みの方は世田谷 中町の織田接骨院・指圧院にご相談ください。

執筆者:
織田接骨院・指圧院 院長 織田栄作

織田接骨院・指圧院 院長の織田栄作です。
この度は、織田接骨院のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
私は、指圧院、接骨院、整形外科にて9年の研鑽を積んだ後、平成6年に世田谷区中町にて当院を開設いたしました。
それから28年以上もの間、経験と研鑽を積み、おかげさまで多くの方にご来院いただいております。
当院は、地域に貢献し、地域に根付き、地域に信頼される接骨院を目指しています。
また、「根本改善」を理念に一人ひとりの痛みやしびれなど、様々なお身体の不調に対し、真摯に向き合い、1日でも早く、快適な生活が送れるように日々邁進しております。急性や慢性の痛みやしびれ、中々とれない痛みなど、お身体の不調がある際は、当院までご相談ください。

織田接骨院・指圧院へのお問い合わせ

  • 織田接骨院・指圧院
  • LINE

受付時間

住所
〒158-0091
東京都世田谷区中町5-17-8
アクセス
無料駐車場有(当院玄関前1台)